HOME>道の駅日義木曽駒高原の特徴

道の駅日義木曽駒高原の特徴

雄大な木曽駒ケ岳をバックに木曽随一の広さを誇る道の駅

ゆったりスペース!駐車場83台分、身障者駐車スペース・スロープも完備

道の駅日義木曽駒高原「ささりんどう館」入り口

国道19号線沿い、木曽のシンボルのひとつ木曽駒ヶ岳を望む道の駅木曽駒高原は、普通自動車78台、大型車7台が駐車できるため、ゆったりとドライブに一息いれることができます。

さらに、身障者にもご安心してご利用いただける身障者スペースと館内へつづく専用のスロープも設置しています。

道の駅日義木曽駒高原駐車場と身障者用スペース ▲広い駐車スペースだけでなく、身障者用スペースとスロープも完備 当駅施設の案内マップを見る→施設案内マップページ

江戸~京都を結ぶ中山道(なかせんどう)の中間地点に位置

「あと半分」昔の往来する人たちのそんな声が聞こえそう

木曽町・日義にある当「道の駅」は、昔の五街道のひとつ、中山道のほぼ中間にあります。中山道には67の宿が定められており、日義には第37宿「宮ノ越宿」があります。

当館の小公園には、中間地点を示す碑が建てられています。

小公園から望む駒ケ岳と中山道中間地点の碑 ▲小公園から望む駒ケ岳(左)と中山道中間地点の碑(右) 中山道 小公園、中間地点の碑を案内マップで見る→施設案内マップページ
※五街道(ごかいどう)は、江戸時代の江戸を基点ととする五つの街道。慶長6年(1601年)に徳川家康が全国支配のために江戸と各地を結ぶ5つの街道整備を始め、四代将軍家綱の代になって基幹街道に定められました。
五街道 — ・東海道・中山道(中仙道)・甲州街道・奥州街道・日光街道

ドライブの途中にちょっとのぞいてみよう

当道の駅は「情報ボックス」を設置しています

お買い物やお食事に併せて、木曽の情報を満載した道の駅「情報ボックス」をご覧になってはいかがでしょう。
旅に役立つ情報、通行規制、イベント案内、天気予報などが満載です。

旅の途中のちょっとした情報で、旅を楽しくすることに「情報ボックス」は、お役に立てるかもしれません。

小公園から望む駒ケ岳と中山道中間地点の碑 ▲ささりんどう館に向かって左にある情報ボックス 情報ボックスの位置を案内マップで見る→施設案内マップページ

古き良きふるさとの薫り「ささりんどう館」

「義仲館」をイメージしたシックな建物、地元特産品販売所

戦乱の英雄・木曽義仲公の博物館である「義仲館」(よしなかやかた)をイメージして建築された「ささりんどう館」。

澄んだ空気と、御嶽山や駒ヶ岳からの清冽な水で育った特産品を皆様に。
お食事処「巴」では、木曽の味覚をお楽しみいただけます。

当駅ささりんどう館玄関(左)と義仲館(右) ▲当駅ささりんどう館玄関(左)と義仲館(右) ささりんどう館について詳しく見る→ささりんどう館ページ 義仲館の場所を調べる→周辺観光ページ

「ささりんどう館」は木曽の特産品が集結

朝、採れたてだから「フレッシュ!」

正面玄関前の特産品コーナーでは、地元農家で栽培された採れたてのおいしい野菜や果物、春の山菜、秋のマツタケ、山きのこ等々の自然の恵みも並び、種々の地元産品の販売を行っています。

小公園から望む駒ケ岳と中山道中間地点の碑 ▲採れたて野菜や旬の食材を目当てにご来館する方も 特産品やおすすめ品を見る→おすすめ品ページ

木曽ショッピングサイト「木曽ショップ」のお知らせ

当駅の姉妹サイト「木曽ショップ」では、ここでご紹介した当駅のオリジナル商品や取扱い商品のほか、木曽の銘酒や木曽漆器などの木曽特産品や、百草丸・健康茶など御岳山にちなんだの商品などもご購入いただけます。木曽ショップでご購入いただくとポイントが付いて更にお得なお買物をお楽しみいただけます。

木曽ショップへ
木曽特産品のご案内ページナビゲーション
木曽の銘酒
木曽の味覚
木曽漆器
曲物(まげもの)
御岳山百草
道の駅日義木曽駒高原について
駐車スペースは普通車76台・大型車7台
身障者専用駐車スペース3台と専用スロープを完備
情報ボックスを設置
道の駅日義木曽駒高原の特徴ページへ
木曽特産品のご案内ページへ
施設案内マップページへ
ささりんどう館ページへ
お食事処「巴」ページへ
サイドナビ枠下
アクセス
広域マップ
詳細マップページへ
サイドナビ枠下
お知らせ
■当駅限定オリジナル商品「権兵衛すんきそば」発売開始!!レストラン「巴」も人気メニュー「すんきそば」開始しております!

すんきそば売場用ポップ ≪ 定型紙(A4) ≫

当駅「ささりんどう館」売場の平冷蔵庫において、冬の人気オリジナル商品「権兵衛すんきそば(要冷蔵 本生そば&GIすんき)2人前セット920円」を発売開始しました。 木曽産そば粉100%使用の自家製7割生そば「権兵衛そば」と当駅工房製「GIすんき」が絶妙にマッチング。ご家庭で「木曽名物すんきそば」をお手軽に味わえます!当駅お越しの方はぜひ、すんき売場の冷蔵庫をご覧ください!

すんきそばはじめました。 ≪ 定型紙(A4) ≫

当駅レストラン「お食事処 巴」では、冬の人気ナンバーワンメニュー、純自家製「すんきそば」800円、を開始しております。当駅工房製の木曽産そば粉100%「権兵衛地粉そば」と同じく工房製の「GIすんき」で味わう、純自家製の「すんきそば」、毎日、工房からレストランへ打ち立てを提供中!木曽路へ来たならぜひ、冬の木曽を代表する味、当駅のこだわりの「すんきそば」を一度ご賞味ください!

 

 

■ささりんどう館 営業時間変更のお知らせ                                          12月1日(土)から「冬期営業時間」となります。

12月1日(土)~来年3月31日(日)まで                                                          当駅の営業時間は「冬期営業時間=売店9:00~17:00=レストラン10:00~15:30」に変更となります。                                                                                       なお、来年1月8日(火)~3月末までの間は                                                     「冬期 火曜定休」 となりますので、あらかじめお知らせいたします。

■木曽の冬の味「すんき」の季節。当駅工房製「GI新すんき」本日から販売開始しました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA すんき皿盛り 2                                                               ファンの皆様お待ちかね!当駅が運営する木曽駒旬彩工房製の*GI「新すんき」がようやく出来上がり(*GI⇒農水省「地理的表示保護制度」登録産品)、本日から店頭販売を開始しました!11月に入り暖かな日が続き、本格的な製造を控えておりましたが、*このところの寒さで製造も本格化しております。(*すんきは「原料の赤かぶに霜が何回も降り、寒くならないと発酵が進まない」といわれておりますが、正にその通りです。)  ようやく店頭に並びましたが、ストックがまだ十分でないため「お一人様5袋まで」との制限がございます。

■11月3日(土・祝)10:00~「2018権兵衛いも収穫祭&とれたて海鮮市」開催します。

チラシ権兵衛いも収穫祭←(イベント内容詳細)11月3日(土・祝)10:00~当駅恒例の「2018権兵衛いも収穫祭&とれたて海鮮市」を開催します。毎年、観光客の皆様と地元住民の方々を大勢お迎えして開催している人気のイベントです。ファンの多い木曽駒高原特産の粘りの強い山芋「権兵衛いも(げんこつ次郎)」の「生産者直売会・試食サービス・重量宛クイズ」がメインですが、地元の皆様には同時開催の「海鮮市」も人気です。今年は三陸直送の「大さんま」、交流のある志摩市浜島町直送「サザエ・緋扇貝・アジ・アオサ他の魚介海産物」を販売予定。「高リコピントマト、信州りんご詰め放題」「当駅旬彩工房オリジナル商品PR販売」も行いますので、ぜひお出かけください。皆様のお越しをお待ちしております。

■お奨め!松茸シーズン限定の新メニュー「木曽産 焼き松茸」始めました!!

シーズン限定新メニュー「木曽産焼き松茸 」今年は「木曽産松茸」が豊作!木曽産松茸の主産地で知られる「木曽町日義」の当駅には連日、リーズナブルな価格の松茸をお買い求めになるお客様が訪れております。当駅には以前から予約制の「まつたけ御膳」メニューがありますが、多くのお客様からの「御膳は仰々しいし、予約制は不便。松茸はいっぱい並んでいるから、当日でも直ぐ注文して食べられるメニューがほしい。」との声にお応えして、シーズン限定の新単品メニュー「木曽産、焼き松茸1700円」を開始しました。(ご自分で、そばメニューほかとの組合せや、売場には毎日販売中の「松茸弁当、松茸おにぎり」もございますので、ご購入しセットでも楽しめます。(*松茸御膳は休止とさせていただいております。*本メニューは地元産松茸シーズン終了時までの短期メニューです。)

■木曽牛を食べようキャンペーン新メニュー「銘撰木曽牛定食(陶板焼き)」開始!松茸シーズン限定「焼き松茸」もはじめました!

木曽牛を食べようキャンペーン    新 銘木曽牛(陶板焼)定食「木曽牛を食べようキャンペーン(9月29日~10月29日)主催:木曽優良子牛生産パワーアップ協議会」に当駅も参加しております。当駅のお食事処「巴」では新メニュー「銘撰木曽牛(陶板焼)定食1950円」を開始しております。(銘撰とは幻とも言われる木曽牛の中でも最上級クラスのA4、A5級の牛肉です。)メニューはA,Bの2タイプ「A=肩肉(柔らか好みの方向き)」「B=もも肉(食べ応え好みの方向き)」、自家製ソースも夫々に工夫を凝らしました。多くの皆様に味って頂きたいメニューです!「木曽で味わう木曽牛」をぜひ!

 

 

 

 

■明日のお得情報!松茸ー!マツタケー!売場はマツタケに占拠されました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地元産松茸シーズンがいよいよ本格化!本日は地元「日義産」を主とした木曽町産の松茸が館内売場を占拠しました。午前中まで降り続いた雨の影響で、普段は山のように並ぶ雑きのこの「コムソウ(ボウズ、ショウゲンジ)」、「アミタケ」や希少価値の「ホンシメジ」「コウタケ」「クロカワ」等は全く入荷がなく、(降雨時に採った雑きのこは傷みやすいため、山きのこを採る方が出荷を控えるため。) 午後からは天気も回復、木曽地方は明日も晴天の予報。明日の日曜日は、味も香りも十分となってきた「木曽産松茸」はもちろん、真っ盛りとなってきた:雑きのこも入荷が期待されます。当駅直売の松茸のお値段は大変お値打ちとなっており、先週の日曜日はリピーターの皆さんが開店前から並んでいました。お値段は卸し市場価格と同額かそれ以下。(一般小売価格の半額以下のようです。) 明日、木曽へお越しの方は木曽産松茸の主産地「木曽町日義」の当駅へ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

■7月1日、食事処「巴」のお得な「ととくとく振興券特別メニュー1,300円」開始します!

7月1日から「木曽町とくとく振興券」が当駅でも売店レジにて発売開始となります。(買ったその場で使用可能な額面1,300円券が1,000円で購入できます。)
当駅券(当駅限定使用券:使用期限12月31日)はささりんどう館売店の商品購入及び、食事処「巴」の「とくとく振興券特別サービスメニュー1,300円」(*木曽牛カレー&権兵衛そばセット)に使用できます。ダブルでお得な特別メニューを振興券でぜひご賞味ください。!!(振興券は販売数が限定されております。売り切れゴメン!)画像はPDFで とくとくメニュー ≪ 定型紙(B5) ≫

 

 

■お得な「木曽町とくとく振興券」7月1日発売開始します。枚数限定につき売り切れゴメン!

PDFとくとく今年も「木曽町とくとく振興券(木曽町商工会)」が7月1日発売開始されます!当駅でも売店レジにて販売、売店商品の購入とレストランの「とくとく振興券限定メニュー」で取扱いを開始します。 この券は木曽町の商工業振興のため木曽町と木曽町商工会が企画実施するもので、会員事業者(取扱登録店)を通じて販売する振興券です。額面1,300円の券ですが、1枚1,000円で購入することができ、その場で即使用も可能なお得な券です。当駅も7月1日から来店した方へ(一人10枚限度)販売と取扱いを開始します。      < 注)この券は購入した取扱い店以外では使用不可となっております。> 使用期限12月31日                    詳細PDF≪ 定型紙(B5) ≫とくとく                                

 

 

■新発売!オンリーワン「FDすんき汁」!当駅工房オリジナル商品発売開始 
4月1日から当駅工房開発のオリーワン、オリジナル商品「FD(フリーズドライ)すんき汁」を発売開始しました! 当駅の農産加工場「木曽駒旬彩工房」製造の「*GIすんき」を原料に、信州味噌を加えて完成させたオンリーワン商品です。冬期限定の木曽の味、各家庭で毎日食されている「すんき汁(すんき入り味噌汁)」が季節を問わず、160CCのお湯を注ぐだけで、ちょっと酸っぱい美味しい味噌汁がお手軽に味わえます。 (「すんき」は植物性乳酸菌を豊富に含むカラダにとてもよい、木曽伝統の食品として、今、最も注目されている食品のひとつです。(*「すんき」は昨年5月、農林水産省GI「地理的表示保護制度」産品に登録されました。)FDすんき汁ポップFDすんき汁ポップ  すんき汁説明 只今、発売記念価格(1個160円)にて当駅売店で発売中!!ぜひご賞味ください。
権兵衛伝説のページへ おすすめ品木曽の名酒ページへ
道の駅日義木曽駒高原にお出かけの前に
周辺観光のご案内ページへ
ヤフー!お天気情報ページへ
南信州道路情報ページへ

道の駅 日義木曽駒高原 「ささりんどう館」/長野県木曽郡木曽町日義4730-3(国道19号線沿)
TEL:0264-23-3644 FAX:0264-23-3645  営業時間:8:30~17:30(冬期12/1から3/31 9:00~17:00)

Copyright(C) Michinoeki Hiryoshi Kisokomakogen.All Rights Reserved.  Supported by Studio BREATH
Page Top