HOME>イベント情報

%e5%bd%93%e9%a7%85%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%8c2018%e6%9c%a8%e6%9b%bd%e9%a7%92%e9%ab%98%e5%8e%9f%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a7一覧リスト

当駅イベント「2018木曽駒高原スイートコーンフェア」=8月4日(土)午前9:30~開催します!

優作比較OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当駅の人気夏イベント「2018木曽駒高原スイートコーンフェア」は、来週8月4日(土)に開催します。当日は午前9:30~木曽駒高原産の人気プレミアムコーン「どでかコーン優作」や、「おおもの」、甘い誘惑「スイートキッス」、「しあわせコーン」、「ミルフィーユ」、「サニーショコラ」等々現在の木曽駒高原産の主要品種を生産者が当日限定価格で販売する「生産者直売会&各品種試食コーナー」が開催されます。他にも「松本平産スイカ市」、「高リコピントマト詰め放題」、「MYひのき箸づくり教室(無料)」等の催しも予定しております。

当日、木曽へお越しの方は、ぜひ当駅へお立ち寄りいただき「木曽駒高原スイートコーンフェア」をお楽しみください!

(ファンが非常に多い、木曽産とうもろこしは、昭和30年代後半、旧日義村の木曽駒高原リゾート(別荘・ゴルフ場)開発が発端です。標高850~1000mの冷涼な気候で育った、甘い「木曽駒高原産とうもろこし」が中京関西方面からの避暑客の皆さんの間で人気が高まり、その後様々な経緯を経ながら、当駅直売を中心に現在まで人気を保っております。後発の「開田高原産」と比べ、栽培面積、生産量が少ないため、市場には出回らない希少な「ブランドとうもろこし」として人気があります。(最盛期が8月上旬~9月上旬であるため、夏休みの家族連れ、避暑に訪れる観光客の皆様はじめ、旧盆の帰省客、木曽の住民の贈答用としても人気です。)

 

木曽の初夏を味わおう!「道の駅2018ほお葉祭り」開催=6月2日(土)、3日(日)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA*詳しくはこちらをご覧ください。ほお葉まつりチラシOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA                                               当駅の初夏イベント「2018ほお葉祭り」が6月2日、3日の両日開催されます。                                   木曽の初夏を告げる味、として知られる名物「ほお葉巻(菓子)」&「ほお葉寿司」。当駅工房ではこの時期限定で製造販売しております。このイベントでは、蒸し立て「ほお葉巻き」の実演と合わせ、当駅工房製の昔ながらの「ほお葉巻き(コシヒカリ寒晒粉使用)」と料亭の味「ほお葉寿司」の販売(お菓子司「田くち」製造のほお葉巻も販売します。)や2日(土)はオリジナル商品等が当たる「スピードクジ」(売店含む商品3000円以上お買い上げの方、先着100名様限定)、3日は「リコピントマト詰め放題(300円)」、「綿菓子&風船無料サービス」。館内レストラン「巴」では両日ともに冬期限定の木曽名物「すんきそば(ぶっかけ)800円」(1日限定30食)も食べられます。当日、木曽へお出かけの方はぜひ当駅へお立ち寄りください!【ほお葉巻⇒地方発送も承ります。】

【ほお葉巻・ほお葉寿司】 木曽では昔からこの時期に、田植え作業の「おやつ」として、米粉を練って餡を包み、更に朴の葉で包んで蒸した菓子「ほお葉巻」が各家庭で食べられてきました。また、ほお葉寿司はお隣の岐阜県が発祥ですが、最近は木曽でも定番の軽食となっております。どちら もほおの葉の香りが季節限定の味を引き立て初夏の名物となっております。

 

 

 

 

GW!今年は山菜が豊富!売店、レストラン、屋外「味わい横丁」も連続営業開始!

GW前半に突入!!直売コーナーには、先日まで僅かしか無かった「たらの芽」「コシアブラ」「うるい」「コゴミ」等々の山菜が、山のように並んでおります。価格も一挙に下がりお求め安くなりました。直売の山菜 今年は春がものすごいスピードで訪れております。先週は正に「百花繚乱」コブシ、梅、桜、ヤマブキ、ツツジ、水仙等々あらゆる花が咲き競う桃源郷のような景色が駅周辺でも見受けられました。 例年はGW後半から並び始める山菜。今年は周囲の桜もほとんど散ってしまい、GWにピークを迎え始める筈の当駅の紅白咲き分け「花桃」も既に満開で散り始めております。 当駅では後半の5月3日~6日、ささりんどう館ポイント2倍サービス、特別メニュー「すんきそば(1日30食限定)」、花桃プレゼント(3日~5日、商品3000円以上お買い上げの方:先着1日50本限定)、MYひのき箸づくり教室(4日、5日参加無料)等々を計画しております。屋外テイクアウト(味わい横丁)の木曽牛A4A5級肉入りの「木曽牛タコ焼き」や「木曽牛コロッケ」「山賊焼き」ほかも人気です!!木曽路へお越しの方はぜひお立ち寄りください。お近くの方はお誘い合わせてお出かけください。詳しくはこちらをご覧ください。PDF道の駅日義GWチラシ

謹賀新年 本年も相変わらず ご愛顧下さるようお願い申し上げます。

2018年賀状 あけましておめでとうございます。 昨年は格別のご愛顧を賜り 厚く感謝申し上げます。 本年も変わらずのご厚誼、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 当駅木曽駒旬彩工房製の新商品「乳酸発酵赤かぶポン酢&ドレッシング」(当駅限定販売品)を発売開始しました。 「ささりんどう館」売店には工房製漬物類*GI登録「すんき」、「赤かぶ漬け」、「シフォンケーキ」、「米粉ケーキ」、「各種冷凍おやき」他の手造り商品。「木曽牛カレー」、「すんき商品(カレー、豚丼、すんき汁)」、木曽産そば粉100%本生「権兵衛そば」等々のオリジナル・オンリーワン商品が豊富にございます。お食事処「巴」も毎朝打ち立てを提供の「権兵衛そばメニュー」、すんきとん丼ほか「すんきメニュー」、「木曽牛メニュー」等々のオンリーワンメニューが多数あります。本年もぜひ当駅をご利用下さるようお願いします。ご来館をお待ち申し上げます。 (*GI=本年5月、すんきは農林水産省の地理的表示保護制度に登録されました。当駅運営「(株)日義特産」も製造登録団体です。)

木曽駒高原特産「2017権兵衛いも収穫祭」11月4日(土)10:00開催!

権兵衛芋売り場                               今年も木曽駒高原特産の山芋「権兵衛いも(げんこつ次郎)」が収穫期を迎えます。エコファーマーが育てた「粘りが強くて美味しい山いも」として、地元はじめ県内外のリピーターに大好評の山いもです。 当駅では、恒例のイベント「2017権兵衛いも収穫祭」を11月4日(土)AM10:00から開催します。 当日は「生産者直売会(特売)」「お勧めレシピ試食コーナー(先着200名様限定)」、「とれたて市」では北海道直送の鮮大さんま、三重外湾漁協直送の「緋扇貝、サザエ、タコ、アジ他の魚介」の販売、りんご・トマト詰め放題、MYひのき箸づくり教室(無料)などが行われます。 皆様お誘い合わせてお出かけください。観光客の皆様もぜひお立ち寄りください。 <詳しくはこちら> 権兵衛いも収穫祭2017チラシ

今年の「木曽駒高原きのこまつり」は9月30日(土)に開催されます。

木曽町日義の木曽駒森林公園(道の駅から車で5分)で毎年開催されている「木曽駒高原きのこまつり」リピーターが非常に多いこの祭り、特に人気なのは木曽産の松茸、山きのこ直売コーナー。地元日義は木曽産松茸の主産地で道の駅にも9月下旬の最盛期には所狭しと「地元産松茸」並びます。直売ですので、お値段も都会の販売価格の半値か3分の1と超お値打ち価格です。 但し、山きのこ類は自然の恵みですので、気候に左右され発生予想は非常に困難です。松茸は過去3年間大豊作でしたが今年も同様とは限りません。さて今年は?……関係者は昨年同様の豊作を願っているところです。 例年10月初旬の土曜日に開催されてきこのイベントですが、今年は9月末の開催となりました。例年、当日は直売のみでなく「まつたけ弁当」「きのこそば」「五平もち」ほか味自慢のグルメ出店や、体験コーナー他で会場が大変賑わいます。皆様、道の駅へのお立ち寄りとあわせ、ぜひ「木曽駒高原きのこ祭り」会場へも足をお運びください。 ※詳細は木曽町観光協会ホームページをご覧ください。木曽産松茸は9月下旬~当駅ショッピングサイト「木曽ショップ」www.kiso-shop.jpでも販売しております。(発生状況によります。) 木曽産松茸

2017木曽駒高原スイートコーンフェア(8月5日土) 開催迫る。

今年のスイートコーンフェアが8月5日(土)午前9:30から開催されます。 当日はとうもろこし生産者(エコファーマーが中心)が育てた、特産の「どでかコーン優作」「スイートキッス」「しあわせコーン」外を特別価格で直売する「生産者直売会」「とうもろこし試食コーナー」や「甘酒振る舞い(木曽町発酵のまちづくり協賛)先着100名様」「ひのきMYはし作り体験(無料)」外が行われます。 会場はささりんどう館南側となっております< 今年のとうもろこしは、5~6月の低温が影響し、例年に比べ1週間ほど成長が遅れておりますので、当日の入荷数量も多少心配される中での開催ですが、お客様に満足いただけるよう準備中です。 当日木曽へお出かけの皆様ぜひ当駅へお立ち寄りください、地元の皆様もお誘い合わせてお出かけください。(開催終了予定は午後2時頃ですが、完売次第終了となりますのでお早めにお出かけください。)               特産「どでかコーン優作L(500g超)」優作カット 詳細はこちらPDF参照 スイートコーンフェアチラシ2017

当駅恒例「2017ほお葉祭り」を6月3日(土)4日(日)に開催します!!

 今年も当駅限定イベント「道の駅日義2017ほお葉祭り」を6月3日(土)、4日(日)の両日に開催します。 両日ともに特設ブースにて、当駅工房製の「*ほお葉巻き(1個150円)」「ほお葉寿司(2食入パック520円)」や、木曽福島の老舗お菓子屋店「田ぐち」のほお葉巻販売を中心に、ミニイベントとして、3日は「スピードくじ」10:00~(レジお買い物3000円以上の方限定、先着100名様)、4日は親子で体験「MYひのき箸づくり教室(無料)」を10:00~開催します。 そのほか、味わい横丁(屋外販売所)では「ソフトクリーム」「木曽牛たこ焼」「木曽牛BIGコロッケ」「木曽牛バーガー」「おやき」「五平餅」等々を賑やかに販売。館内食堂では、特別メニュー「すんきぶっかけそば700円(1日限定30食)」をご用意いたします。 *詳しくはこちらPDFをご覧ください。 2017ほお葉まつりOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA *ほお葉まきとは 「ほお葉巻き」は、木曽路の初夏を告げる味として、地元のみならずファンが多い伝統食(お菓子)です。木曽では6月初旬の田植えの時期に農家が農作業の休憩時の小昼(お茶請け)として食べられてきました。 小豆を煮て餡を丸め、練った米粉の皮で包み、ほおの葉で巻いて蒸した自家製のお菓子です。各家庭で味も大きさも違い、空腹時のお腹を満たすのには絶好の食べ物でした。 現在は地元のお菓子屋さんを中心に木曽の季節商品として販売される物が主流で、自家製は少なくなりましたが、各家庭の味として姑さんからお嫁さんへと代々引き継がれております。 当駅工房「木曽駒旬彩工房」でも地域の味の文化を守ろうと、地元のお母さん方が中心で「ほお葉祭り」から製造を開始します。

5月GWは日義木曽駒高原へお立ち寄りください。(GW営業のお知らせ)

もうすぐGW(ゴールデンウィーク)木曽路へお出かけの節は当駅をご利用ください!! ささりんどう館内の食事処「巴」では、冬の木曽名物「すんきそば」がまだまだ食べられます。自前の加工場で「すんき(木曽伝統の乳酸発酵食品)」を製造している当駅ならでは。木曽産そば粉100%使用、全て自家製の石挽き9割そば「権兵衛」そばで味わう「すんきそば」(700円)はまた格別です!! 温そばが苦手な方は「すんきぶっ掛けそば」(800円*1日限定30食)をどうぞ! また、期間中5月3日~5日限定で、売店・味わい横丁で5000円以上お買い上げの方に当駅構内に咲く、赤白咲分け「花桃苗木」をプレゼント(一人1本=先着200名様限り)させていただきます。 4日.5日は七笑酒造店による「木曽の銘酒試飲販売」や町環境協議会有志による「ひのきMYはし作り教室」の開催も予定されております。 4月29日(土)~7日(日)まで連続営業の「味わい横丁(屋外販売所)」では、木曽牛たこ焼、木曽牛メンチカツバーガー、木曽牛串焼き、あらびきフランクフルト、ブルーベリーソフト等々、盛沢山のオリジナルな味を販売します!!               OLYMPUS DIGITAL CAMERA                           <例年GWには満開となる道の駅構内、咲き分け花桃> 【詳細は別紙PDFをご覧ください。】GWチラシ ≪ 定型紙(B4) ≫ ≪ 定型紙(B4) ≫

1月15日(日)10:30~「すんき汁振る舞い」開催!(限定300食)

  1月15日(日)午前10:30~から、当駅「ふれあい情報交流館」前において「すんき汁振る舞い」を行います。この催しは木曽町商工会、木曽町他が主催する「2017すんきde元気フェア」イベントです。 「すんき」は健康食品ブームにより、ここ数年来幾度となくTV、新聞ほか多数のマスコミに取り上げられている注目の食品ですが、地元木曽では江戸時代以前から伝えられ、―20℃にもなる厳しい冬を過ごすための食べ物として、各家庭で慣れ親しんできた素朴な冬の味覚です。 地元では食材として様々な形で利用されており「すんきそば」がもっとも有名ですが、このイベントでは、いま注目の木曽の味「すんき」がタップリ入った家庭の定番の味、乳酸菌独特のマイルドな酸味が美味しい味噌汁「すんき汁」が無料で味わえます。 当日、木曽へお出かけの方はぜひお立ち寄りください。すんきマーク2IMG_6034  「すんき」とは< 木曽の冬の味覚として親しまれている「すんき」は植物性乳酸菌の宝庫とも言われております。木曽地方に昔から伝えられてきた食べ物ですが、塩も酢も砂糖も一切使わない伝統手法で、赤かぶの葉茎を乳酸菌発酵させた漬物(正確には乳酸発酵食品)で、世界的にも珍しい漬物といわれております。東京農業大学、信州大学ほか各方面での研究の結果、数百種類もの乳酸菌を含む体に非常に良い機能性を備える健康食品であることが解明され、その研究結果も発表されております。(花粉症等を抑制する抗アレルギー作用、整腸作用、発がん性物質の排出ほかの効果。)                                                                                                         ※「長野県味の文化財」指定。未来に残すべき味の遺産として「味の箱舟」認定。(イタリアに本部のあるインターナショナル・スローフード協会)
1 / 212

木曽ショッピングサイト「木曽ショップ」のお知らせ

当駅の姉妹サイト「木曽ショップ」では、ここでご紹介した当駅のオリジナル商品や取扱い商品のほか、木曽の銘酒や木曽漆器などの木曽特産品や、百草丸・健康茶など御岳山にちなんだの商品などもご購入いただけます。木曽ショップでご購入いただくとポイントが付いて更にお得なお買物をお楽しみいただけます。

木曽ショップへ

道の駅 日義木曽駒高原 「ささりんどう館」/長野県木曽郡木曽町日義4730-3(国道19号線沿)
TEL:0264-23-3644 FAX:0264-23-3645  営業時間:8:30~17:30(冬期12/1から3/31 9:00~17:00)

Copyright(C) Michinoeki Hiryoshi Kisokomakogen.All Rights Reserved.  Supported by Studio BREATH
Page Top