HOME>木曽特産品のご案内>曲物(まげもの)

曲物(まげもの)

曲物(まげもの)

曲物(まげもの)イメージ画像

400余年伝わる曲物(まげもの)づくり。
木曽漆器のひとつである曲物は
暮らしに密着した私たちの生活道具です。
「良いものは長く引き継がれる」を実感できる、
日本古来の便利な道具のひとつです。

曲物(まげもの)イメージ画像2 曲物(まげもの)は木を曲げて縫い合わせた器もの。  曲物(まげもの)とは、薄い木の板を円形や楕円形に曲げて、合わせ目を「山桜の皮」で綴じて底をつけた器ものです。

使う材料は、御岳山ろくに育った木曽ヒノキと木曽サワラ、それに山桜の皮だけの天然素材。
木曽漆器の代表でもある、そばせいろや弁当箱も曲物であり、ここに漆が重ね塗りされています。

 曲物づくりの本場もまた、木曽漆器とおなじく旧木曽の楢川村で、木曽路・中山道の北の入り口に位置します。

400年以上の歴史を持つ、古来より木曽の人々の生活に溶け込んだ道具です。

軽くて丈夫で使いやすく、国産の天然素材を使用していることで、プラスチック製品が広く使われる現代でも人気をよんでいます。

曲物(まげもの)イメージ画像3 木曽ヒノキを使っています。やっぱり品質がいいのです。  木曽の曲物には、材料に木曽ヒノキが使われています。天然の木曽ヒノキは曲物づくりに最適です。

 昔から「家を建てるなら木曽のヒノキで」と伝わるほど、木曽産のヒノキは材質がいいと言われます。理由は、木曽ヒノキは堅くて弾力があり、木目が緻密であること。

 木曽の気候は夏でも冷涼で、昼夜の寒暖差が激しいため、ヒノキの成長をゆっくりと堅牢にしているのです。同じヒノキでも、暖かい地方で育つヒノキとは堅さと密度が違います。また、香りが良く光沢があり、虫を寄せ付けないから保存がきくことも良い条件として挙げられます。
伊勢神宮の社殿を20年ごとに新しく造営するとき、かならず木曽ヒノキを使います。

 ヒノキの薄板を曲げるときにも、薬品や塗料などの化学品は使いません。
熱湯に浸して柔らかくしたあと、器具を用いてゆっくり曲げます。
「良い素材を良い条件で仕上げる」。先人たちの教えを守り、安全で安心な製品づくりを心がけています。

曲物(まげもの)イメージ画像4 器の「フタ」と「底」は木曽サワラ、綴りは山桜の皮。  木曽サワラはヒノキよりも吸水性が高く、古来より寿司桶やおひつ(電気炊飯器のない時代、釜や土鍋で炊いたごはんを移しておく入れ物)の材料に使われました。

ご飯の蒸気をほどよく吸い取り、つゆをご飯に落とさないためです。木曽の曲物もフタと底の部分は、ヒノキでなく木曽サワラを使います。ヒノキよりも重量感があり、堅さがあるのも理由です。

 曲げたヒノキを綴るときには、山桜の皮を使います。桜の皮は見た目にも美しくて丈夫、また水分を含むと締まるのが特徴です。ナイロンやビニール、皮革製のヒモなどは、濡れると伸びてしまいます。桜の樹皮は湿気のこもる弁当箱などには最適なのです。

このように適材適所、素材の良いところを使って曲物は作られています。

曲物(まげもの)イメージ画像5 曲物ちょっと小咄(こばなし)。  曲物づくりは、山仕事をする人々が弁当箱のようなものを作ったことがはじまりと言われます。昔は木曽に暮らす人々の多くが山仕事に従事していました。

男たちは山仕事に出かけ、道具の鉈(なた)一丁でヒノキを切り、まだ水気の残るヒノキを曲げてまずご飯つぶで糊づけし、山桜の皮を細くこそいで綴じ上げたのだと言います。

 これが曲物の弁当箱のはじまり。

 もちろん言い伝えによるものですが、実に信憑性のある話です。
まだ大量生産できる既製品の弁当箱がない時代も、山仕事をする人々の昼ご飯は山の中。
食事を運ぶ容器を自分たちの手で作り上げたのでしょう。
先人たちは樹木の特性を熟知して、素材を選び作ったのだと思います。

 「おばあちゃんの知恵袋」ではないけれど、昔の人はいろいろな知恵を授けてくれます。
さらに新しい物や素材が増えて、暮らしを便利で豊かなものにしてくれます。
新しいものは生活するのに「便利」だから生まれます。
昔からあるものは「本当に良いものだから」今に存在し続けているのだと思います。
永く熟考されて、安心と安全を考えた400年続く曲物づくり。
本当に良い物だから、いまに引き継がれています。

木曽ショッピングサイト「木曽ショップ」のお知らせ

当駅の姉妹サイト「木曽ショップ」では、ここでご紹介した当駅のオリジナル商品や取扱い商品のほか、木曽の銘酒や木曽漆器などの木曽特産品や、百草丸・健康茶など御岳山にちなんだの商品などもご購入いただけます。木曽ショップでご購入いただくとポイントが付いて更にお得なお買物をお楽しみいただけます。

木曽ショップへ
木曽特産品のご案内ページナビゲーション
木曽の銘酒
木曽の味覚
木曽漆器
曲物(まげもの)
御岳山百草
道の駅日義木曽駒高原について
駐車スペースは普通車76台・大型車7台
身障者専用駐車スペース3台と専用スロープを完備
情報ボックスを設置
道の駅日義木曽駒高原の特徴ページへ
木曽特産品のご案内ページへ
施設案内マップページへ
ささりんどう館ページへ
お食事処「巴」ページへ
サイドナビ枠下
アクセス
広域マップ
詳細マップページへ
サイドナビ枠下
お知らせ
■ただ今、ささりんどう館北側の公衆トイレは改修工事中です。
ささりんどう館北側公衆トイレ(上のトイレ)は、木曽町による内部改修工事中です。6月5日~7月までの工事期間中は使用できません。現在はもう1箇所ある駐車場脇の公衆トイレ(下のトイレ)及び、ささりんどう館南側の小公園に設置された仮設トイレをご使用いただいております。しばらくの間ご不便をおかけしますがご理解、ご協力をお願いします。  OLYMPUS DIGITAL CAMERA工事中の上トイレ(使用不可) OLYMPUS DIGITAL CAMERA駐車場脇公衆トイレ(使用中)OLYMPUS DIGITAL CAMERA南側小公園の仮設トイレ(使用中)
■当駅恒例「2017ほお葉祭り」を6月3日(土)4日(日)に開催します!!
 今年も当駅限定イベント「道の駅日義2017ほお葉祭り」を6月3日(土)、4日(日)の両日に開催します。 両日ともに特設ブースにて、当駅工房製の「*ほお葉巻き(1個150円)」「ほお葉寿司(2食入パック520円)」や、木曽福島の老舗お菓子屋店「田ぐち」のほお葉巻販売を中心に、ミニイベントとして、3日は「スピードくじ」10:00~(レジお買い物3000円以上の方限定、先着100名様)、4日は親子で体験「MYひのき箸づくり教室(無料)」を10:00~開催します。 そのほか、味わい横丁(屋外販売所)では「ソフトクリーム」「木曽牛たこ焼」「木曽牛BIGコロッケ」「木曽牛バーガー」「おやき」「五平餅」等々を賑やかに販売。館内食堂では、特別メニュー「すんきぶっかけそば700円(1日限定30食)」をご用意いたします。 *詳しくはこちらPDFをご覧ください。 2017ほお葉まつりOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA *ほお葉まきとは 「ほお葉巻き」は、木曽路の初夏を告げる味として、地元のみならずファンが多い伝統食(お菓子)です。木曽では6月初旬の田植えの時期に農家が農作業の休憩時の小昼(お茶請け)として食べられてきました。 小豆を煮て餡を丸め、練った米粉の皮で包み、ほおの葉で巻いて蒸した自家製のお菓子です。各家庭で味も大きさも違い、空腹時のお腹を満たすのには絶好の食べ物でした。 現在は地元のお菓子屋さんを中心に木曽の季節商品として販売される物が主流で、自家製は少なくなりましたが、各家庭の味として姑さんからお嫁さんへと代々引き継がれております。 当駅工房「木曽駒旬彩工房」でも地域の味の文化を守ろうと、地元のお母さん方が中心で「ほお葉祭り」から製造を開始します。
■GWは花満開!!ただ今、桜も梅もコブシもツツジも咲き競っております!!
春の訪れが例年に無く遅かった木曽路。ようやく当駅周辺の桜も満開状態となりました!!背景の木曽駒ケ岳は3日ほど前に降った新雪で、山肌も隠れ再度の雪化粧状態です。現在、当駅から望む、桜と背景の木曽駒ケ岳は絶好の撮影ポイント。 中山道中間地点の石碑がある「ささりんどう館」南側の小公園には、連日多くの観光客の皆様がカメラやスマホでシャッターを押しております。 傍らの「義仲、巴御前、顔出し看板」で撮影するファミリーも増えてきました。駅周辺は梅、コブシ、ツツジも一斉に咲き競っております。GW後半には駅構内の名物「紅白咲き分け花桃」も開花が予想されております。 GWに木曽路へお越しの方は、ぜひお立ち寄り景色をご堪能ください!OLYMPUS DIGITAL CAMERA
■1月22日(日)10:30~「すんき汁振る舞い」開催します!<200食限定>
先週悪天候のため延期となりました「すんき汁無料サービス(振る舞い)」10:30~14:00<限定200食>が開催されます。   当日は道の駅駐車場の一角、「ふれあい情報交流館」前において、イベントスタッフが炊き出し用大鍋で調理・振る舞いを行います。 この催しは「すんきde元気フェア2017」の一環で、「木曽町商工会日義支部」主催、当駅及び「ふるさと体験館木曽福島」のタイアップにより実施するイベントです。   すんき汁は「からだに非常に良い」と注目されている、植物性乳酸菌を豊富に含む木曽の郷土食「すんき」がタップリ入った味噌汁です。 地元木曽では、冬場のごく一般的な味として、多くの家庭で毎朝のように食べられてるものです。乳酸菌が醸し出す独特のまろやかな酸味が最大の特徴です。酸味でカラダが芯から温まり、胃腸にも、アレルギー体質改善にも良い。といわれるその味をぜひお試しください。   *昨年の状況から↓ OLYMPUS DIGITAL CAMERAIMG_603411.すんき←道の駅で販売中!「木曽すんき」(250g)480円
■1月10日(火)~3月末 火曜定休を開始します。(ささりんどう館=売店・食堂及び旬彩工房) 
今年も1月10(火)から3月末までの冬期間、道の駅「ささりんどう館=売店・レストラン」及び農産加工施設「木曽駒旬彩工房」が火曜定休となります。 4月~12月は無休営業となりますので、しばらくの間お客様にはご迷惑をおかけしますがご承知ください。
■年末年始の営業と「新春初売り」のお知らせ
今年も残すところあと僅かとなりました。この一年間、多数のお客様に当駅をご利用いただき、誠にありがとうございました。 当駅の年末、年始の営業についてお知らせします。   ◆12月31日⇒ささりんどう館は売店のみ正午まで営業(食堂はお休みです)     ◆新年元旦・2日⇒年始休業(売店・食堂とも全館休業)※駐車場、トイレ、ふれあい情報交流館は24時間利用可。                                               ◇1月3日(火)・4日(水)⇒初売り<売店9:00~ 食堂10:00~> 新年初売りは恒例の、売店商品1,000円以上お買い上げのお客様には「運試し=招福スピードくじ」、食堂はすんきメニュー「オール500円サービス」でスタートさせて頂きます。           皆様ぜひお出かけください。多数のご来館をお待ち申し上げております。初売り詳細(こちらをご覧ください。)  
■12月1日~3月31日まで 冬期営業時間となります。
当駅ご利用の皆様へ、冬期営業時間のお知らせ 12月1日~来年3月31日までの間「ささりんどう館」営業時間が変更となります。                     売店:午前9時~午後5時まで 食堂:午前10時~午後3時30分まで         あらかじめご承知くださるようお願いいたします。 本年の営業は12月31日正午まで、新年元旦~2日は年始休業とさせていただきます。 新年の営業は1月3日(火)から、初売りは3日、4日を予定しております。
■すんきの季節到来!12月1日~新そばで味わう、純自家製「すんきそば」開始します。
当駅のお食事所「巴」では、木曽伝統の冬の味「すんき(植物性乳酸発行食品)」がタップリ入った自慢の純自家製「すんきそば *新そば使用」を12月1から開始します。  非常に多くの皆様から「非常に美味しいそばですね!」との高評価をいただいている自家製粉の木曽産そば粉100%使用そば。当駅自慢の石挽き自家製9割そば=権兵衛そば、とこちらも自家製(当駅農産加工場「木曽駒旬彩工房」製)の「すんき」で味わう「すんきそば」は12月から雪解けを迎える4月頃まで、「巴」の超人気メニューとなっております。        長く厳しい木曽路の冬の訪れ。今年も乳酸菌の宝庫、まろやかな酸味が病み付きになる味「すんき」と木曽独特の冬メニュー「すんきそば」が皆様をお迎えします。 11.イメージすんきそば すんき皿盛り - コピー - コピー
■権兵衛いも(げんこつ次郎・ねばり太郎)好評発売中!
11月5日開催の「権兵衛いも収穫祭」。地元信州はもとより関東圏、関西圏、中部、東海、北陸からも多数のお客さんにもお立ち寄りいただき、おかげさまで盛況に開催できました。 皆様大変ありがとうございました。 当駅直売所の人気特産品「権兵衛いも」。収穫祭後も毎日、当駅登録の山芋生産者(大半はエコファーマー)が出荷して、売れ行き好調です。 「権兵衛いも(当駅特産の各種山芋の総称です。)」は当駅が「日義道の駅生産物出荷組合」を通じ特産化を進めてきた、粘りの強い山芋です。直売所の夏の人気商品は特産の「どでかコーン優作」ほかのスイートコーンですが、寒さの厳しい冬場の木曽では野菜の栽培が困難となるため、秋~春までの地元産野菜として「権兵衛芋」の特産化を進めてきました。 IMG_1433写真:げんこつ次郎        現在、エコファーマーを中心に20戸ほどの組合員が栽培に取り組んでいる「げんこつ次郎」は長芋の倍以上の粘りがあります。とろろ汁の他、摺った芋をそのままスプーン等で熱した油に落とす「素揚げ(天つゆ・アジ塩等で食べるのがおすすめ)」、摺りおろしをそのままキャベツと混ぜて、フライパンやプレートで焼き塩コショウ等で食べる「お好み焼き」、摺りおろした芋に鶏肉、切った芋を混ぜ、だしつゆ、塩等で味を調え「茶碗蒸し」にする等々、アイデア次第で巾広く調理が可能です。                                            今年から「権兵衛いも」に試験的に栽培した新種「ねばり太郎(イチョウイモ系)」が加わりました。この芋は集荷量はわずかですが、げんこつ次郎の5倍、普通の長芋の10倍の粘りを持つ極粘の山芋です。とろろ汁には粘りの強いげんこつ次郎の4~5倍に薄めることをお勧めしております。皆様、「権兵衛いも」をぜひ一度ご賞味ください。
■11月5日(土)木曽駒高原特産「権兵衛いも収穫祭」開催します!!
11月5日(土)10:00~当駅恒例イベント「権兵衛いも収穫祭」を開催します。 <内容紹介>このイベントは木曽駒高原特産の粘りの強い山芋「権兵衛いも(げんこつ次郎)生産者直売会&お勧めレシピ試食サービス」がメインですが、「とれたて市」では東本大震災支援から始まった岩手県大船渡直送「鮮さんま」、交流のある三重県志摩市浜島(外湾漁協)直送のアッパ貝(緋扇貝)、サザエほかの海鮮販売を行います。 このほか「ひのきMY箸作り教室(無料体験)」があります。屋外販売所(味わい横丁)では「木曽牛たこやき(木曽牛A4A5肉入りたこ焼き)」「木曽牛メンチカツバーガー」「木曽ビッグコロッケ」「山賊焼き」「ブルーベリーソフトクリーム」「松茸弁当」等々、当駅オリジナルを盛り沢山に販売します。 館内食堂「巴」では木曽産そば粉100%の石挽き自家製粉の自家製ぞば「権兵衛伝説地粉そば」も全メニュー新そばとなりました、また、当日のみ20食限定で木曽名物の「すんきそば700円」も食べられます。11月から新メニュー「木曽牛(陶板)みそ焼き定食」、「ソースカツ丼」も開始しております。多数の皆様のご来場をお待ちしております。 【詳細はこちら⇒2016権兵衛いも収穫祭チラシ_初校PDFをご覧ください。】 きのこ汁振る舞い (1) content/uploads/2015/06/bfa4ee52935804d9ceade64651e6b89c.jpg”>MYひのき箸作り体験
権兵衛伝説のページへ おすすめ品木曽の名酒ページへ
道の駅日義木曽駒高原にお出かけの前に
周辺観光のご案内ページへ
ヤフー!お天気情報ページへ
南信州道路情報ページへ

道の駅 日義木曽駒高原 「ささりんどう館」/長野県木曽郡木曽町日義4730-3(国道19号線沿)
TEL:0264-23-3644 FAX:0264-23-3645  営業時間:8:30~17:30(冬期12/1から3/31 9:00~17:00)

Copyright(C) Michinoeki Hiryoshi Kisokomakogen.All Rights Reserved.  Supported by Studio BREATH
Page Top