HOME>木曽特産品のご案内>曲物(まげもの)

曲物(まげもの)

曲物(まげもの)

曲物(まげもの)イメージ画像

400余年伝わる曲物(まげもの)づくり。
木曽漆器のひとつである曲物は
暮らしに密着した私たちの生活道具です。
「良いものは長く引き継がれる」を実感できる、
日本古来の便利な道具のひとつです。

曲物(まげもの)イメージ画像2 曲物(まげもの)は木を曲げて縫い合わせた器もの。  曲物(まげもの)とは、薄い木の板を円形や楕円形に曲げて、合わせ目を「山桜の皮」で綴じて底をつけた器ものです。

使う材料は、御岳山ろくに育った木曽ヒノキと木曽サワラ、それに山桜の皮だけの天然素材。
木曽漆器の代表でもある、そばせいろや弁当箱も曲物であり、ここに漆が重ね塗りされています。

 曲物づくりの本場もまた、木曽漆器とおなじく旧木曽の楢川村で、木曽路・中山道の北の入り口に位置します。

400年以上の歴史を持つ、古来より木曽の人々の生活に溶け込んだ道具です。

軽くて丈夫で使いやすく、国産の天然素材を使用していることで、プラスチック製品が広く使われる現代でも人気をよんでいます。

曲物(まげもの)イメージ画像3 木曽ヒノキを使っています。やっぱり品質がいいのです。  木曽の曲物には、材料に木曽ヒノキが使われています。天然の木曽ヒノキは曲物づくりに最適です。

 昔から「家を建てるなら木曽のヒノキで」と伝わるほど、木曽産のヒノキは材質がいいと言われます。理由は、木曽ヒノキは堅くて弾力があり、木目が緻密であること。

 木曽の気候は夏でも冷涼で、昼夜の寒暖差が激しいため、ヒノキの成長をゆっくりと堅牢にしているのです。同じヒノキでも、暖かい地方で育つヒノキとは堅さと密度が違います。また、香りが良く光沢があり、虫を寄せ付けないから保存がきくことも良い条件として挙げられます。
伊勢神宮の社殿を20年ごとに新しく造営するとき、かならず木曽ヒノキを使います。

 ヒノキの薄板を曲げるときにも、薬品や塗料などの化学品は使いません。
熱湯に浸して柔らかくしたあと、器具を用いてゆっくり曲げます。
「良い素材を良い条件で仕上げる」。先人たちの教えを守り、安全で安心な製品づくりを心がけています。

曲物(まげもの)イメージ画像4 器の「フタ」と「底」は木曽サワラ、綴りは山桜の皮。  木曽サワラはヒノキよりも吸水性が高く、古来より寿司桶やおひつ(電気炊飯器のない時代、釜や土鍋で炊いたごはんを移しておく入れ物)の材料に使われました。

ご飯の蒸気をほどよく吸い取り、つゆをご飯に落とさないためです。木曽の曲物もフタと底の部分は、ヒノキでなく木曽サワラを使います。ヒノキよりも重量感があり、堅さがあるのも理由です。

 曲げたヒノキを綴るときには、山桜の皮を使います。桜の皮は見た目にも美しくて丈夫、また水分を含むと締まるのが特徴です。ナイロンやビニール、皮革製のヒモなどは、濡れると伸びてしまいます。桜の樹皮は湿気のこもる弁当箱などには最適なのです。

このように適材適所、素材の良いところを使って曲物は作られています。

曲物(まげもの)イメージ画像5 曲物ちょっと小咄(こばなし)。  曲物づくりは、山仕事をする人々が弁当箱のようなものを作ったことがはじまりと言われます。昔は木曽に暮らす人々の多くが山仕事に従事していました。

男たちは山仕事に出かけ、道具の鉈(なた)一丁でヒノキを切り、まだ水気の残るヒノキを曲げてまずご飯つぶで糊づけし、山桜の皮を細くこそいで綴じ上げたのだと言います。

 これが曲物の弁当箱のはじまり。

 もちろん言い伝えによるものですが、実に信憑性のある話です。
まだ大量生産できる既製品の弁当箱がない時代も、山仕事をする人々の昼ご飯は山の中。
食事を運ぶ容器を自分たちの手で作り上げたのでしょう。
先人たちは樹木の特性を熟知して、素材を選び作ったのだと思います。

 「おばあちゃんの知恵袋」ではないけれど、昔の人はいろいろな知恵を授けてくれます。
さらに新しい物や素材が増えて、暮らしを便利で豊かなものにしてくれます。
新しいものは生活するのに「便利」だから生まれます。
昔からあるものは「本当に良いものだから」今に存在し続けているのだと思います。
永く熟考されて、安心と安全を考えた400年続く曲物づくり。
本当に良い物だから、いまに引き継がれています。

木曽ショッピングサイト「木曽ショップ」のお知らせ

当駅の姉妹サイト「木曽ショップ」では、ここでご紹介した当駅のオリジナル商品や取扱い商品のほか、木曽の銘酒や木曽漆器などの木曽特産品や、百草丸・健康茶など御岳山にちなんだの商品などもご購入いただけます。木曽ショップでご購入いただくとポイントが付いて更にお得なお買物をお楽しみいただけます。

木曽ショップへ
木曽特産品のご案内ページナビゲーション
木曽の銘酒
木曽の味覚
木曽漆器
曲物(まげもの)
御岳山百草
道の駅日義木曽駒高原について
駐車スペースは普通車76台・大型車7台
身障者専用駐車スペース3台と専用スロープを完備
情報ボックスを設置
道の駅日義木曽駒高原の特徴ページへ
木曽特産品のご案内ページへ
施設案内マップページへ
ささりんどう館ページへ
お食事処「巴」ページへ
サイドナビ枠下
アクセス
広域マップ
詳細マップページへ
サイドナビ枠下
お知らせ
■「すんき」ってなあに?
今年、農林水産省のGI(地理的表示保護制度)登録となった「すんき」。この木曽伝統の味「すんき」に関するお問い合わせが年々増えてきております。「すんき」は塩も、酢も、砂糖も使わずに植物性乳酸菌のみで、木曽在来種の赤かぶの葉茎を伝統手法で発酵させたシンプルな漬物(正確には乳酸発酵食品)です。 地元の木曽では各家庭で冬の味として親しまれてきました。そのまま削節としょう油をかけて食べる。或いは、かけそばに載せて、味噌汁に入れて、納豆と混ぜて等々様々な形で食材として利用されて来ました。 GI登録を契機に関心が深まっておりますので、パンフレット等で、食べ方などを含めご紹介したいと思います。 <以下PDFでご紹介します。>GI登録のお知らせすんきレシピ1 GIパンフ表GIパンフ裏
■当駅製のGIすんき(木曽駒旬彩工房製)を売店で発売開始しました!!
お待たせしました!11月19日(土)当駅売店では、木曽の冬を告げる味として年々人気上昇中の「すんき」の販売を開始しました!「すんき」は木曽の伝統食でありながら植物性乳酸菌の宝庫とも云われ、長年の研究の結果「百数十種類の乳酸菌によりカラダにとても良い機能性を備えている」ことが広く知られてきました。 しかし、これと並行して最近は木曽以外で生産された類似商品が多数出回り始めたため、木曽産すんきの正規品を保護する必要が生じ、昨年から長野県と木曽地域の生産団体が一体で木曽ブランドとして保護する取り組みを進めてきました。 <当駅及び「木曽ショップ」で販売する「すんき」は全て、運営会社の工房「㈱日義特産 木曽駒旬彩工房」で製造しております。> 結果、「すんき」は今年2017年5月にGI(農林水産省の地理的表示保護制度)登録となりました。これにより登録団体(すんきブランド推進協議会)所属の当駅工房製「すんき」はGI登録商品となりました。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 171116-巴コルトン---GI登録--- GIパンフ表
■今年の「木曽駒高原きのこまつり」は9月30日(土)に開催されます。
木曽町日義の木曽駒森林公園(道の駅から車で5分)で毎年開催されている「木曽駒高原きのこまつり」リピーターが非常に多いこの祭り、特に人気なのは木曽産の松茸、山きのこ直売コーナー。地元日義は木曽産松茸の主産地で道の駅にも9月下旬の最盛期には所狭しと「地元産松茸」並びます。直売ですので、お値段も都会の販売価格の半値か3分の1と超お値打ち価格です。 但し、山きのこ類は自然の恵みですので、気候に左右され発生予想は非常に困難です。松茸は過去3年間大豊作でしたが今年も同様とは限りません。さて今年は?……関係者は昨年同様の豊作を願っているところです。 例年10月初旬の土曜日に開催されてきこのイベントですが、今年は9月末の開催となりました。例年、当日は直売のみでなく「まつたけ弁当」「きのこそば」「五平もち」ほか味自慢のグルメ出店や、体験コーナー他で会場が大変賑わいます。皆様、道の駅へのお立ち寄りとあわせ、ぜひ「木曽駒高原きのこ祭り」会場へも足をお運びください。 ※詳細は木曽町観光協会ホームページをご覧ください。木曽産松茸は9月下旬~当駅ショッピングサイト「木曽ショップ」www.kiso-shop.jpでも販売しております。(発生状況によります。) 木曽産松茸
■「冷やしぶっかけ蕎麦」にひき続き、「冷やし中華」もはじめました!
空梅雨が続いておりましたが、この2,3日は連日の雨。ようやく梅雨らしくなってきました。しかし、今週末は真夏日の予想です。いよいよ本格的夏が近づいてきました。当駅のお食事処「巴」のメニューにも夏の定番が加わっております。 お客様のご要望にお答えし、先月開始した「冷やしぶっかけ蕎麦700円」に加え、要望の多い「冷やし中華850円」も3日前から始めました。木曽産そば粉100%の純自家製「権兵衛そば」当店のメインメニューですが、夏場、そばを食べなれた地元のお客様がお目当てなのは、この「冷やし中華」です。機会がありましたら「巴」の人気メニュー「冷やしぶっかけ蕎麦」「冷やし中華」をぜひご賞味ください。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA冷やしぶっ掛け」
■ささりんどう館北側トイレの内部改修工事が完了。本日から使用開始!
6月5日から使用できなかった駐車場上(ささりんどう館北側)トイレの内部改修工事が完了しました。 お客様には大変ご不便をおかけしておりましたが、本日から使用開始となりました。 当駅には2箇所の公衆トイレがありますが、駐車場脇の新しい防災トイレに比べ、ささりんどう館(売店・食堂)北側の木造トイレは築後16年を経過して、ドアや排水パイプの損傷が激しく、また、和式便器が多いために高齢者の皆様等にもご不便をお掛けしておりました。 今回、木曽町事業主体の工事により、全て洋式便座(男子小除く)に取り替えられ、エアータオルも設置されましたので、快適にご使用いただけると思います。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
■ただ今、ささりんどう館北側の公衆トイレは改修工事中です。
ささりんどう館北側公衆トイレ(上のトイレ)は、木曽町による内部改修工事中です。6月5日~7月までの工事期間中は使用できません。現在はもう1箇所ある駐車場脇の公衆トイレ(下のトイレ)及び、ささりんどう館南側の小公園に設置された仮設トイレをご使用いただいております。しばらくの間ご不便をおかけしますがご理解、ご協力をお願いします。  OLYMPUS DIGITAL CAMERA工事中の上トイレ(使用不可) OLYMPUS DIGITAL CAMERA駐車場脇公衆トイレ(使用中)OLYMPUS DIGITAL CAMERA南側小公園の仮設トイレ(使用中)
■当駅恒例「2017ほお葉祭り」を6月3日(土)4日(日)に開催します!!
 今年も当駅限定イベント「道の駅日義2017ほお葉祭り」を6月3日(土)、4日(日)の両日に開催します。 両日ともに特設ブースにて、当駅工房製の「*ほお葉巻き(1個150円)」「ほお葉寿司(2食入パック520円)」や、木曽福島の老舗お菓子屋店「田ぐち」のほお葉巻販売を中心に、ミニイベントとして、3日は「スピードくじ」10:00~(レジお買い物3000円以上の方限定、先着100名様)、4日は親子で体験「MYひのき箸づくり教室(無料)」を10:00~開催します。 そのほか、味わい横丁(屋外販売所)では「ソフトクリーム」「木曽牛たこ焼」「木曽牛BIGコロッケ」「木曽牛バーガー」「おやき」「五平餅」等々を賑やかに販売。館内食堂では、特別メニュー「すんきぶっかけそば700円(1日限定30食)」をご用意いたします。 *詳しくはこちらPDFをご覧ください。 2017ほお葉まつりOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA *ほお葉まきとは 「ほお葉巻き」は、木曽路の初夏を告げる味として、地元のみならずファンが多い伝統食(お菓子)です。木曽では6月初旬の田植えの時期に農家が農作業の休憩時の小昼(お茶請け)として食べられてきました。 小豆を煮て餡を丸め、練った米粉の皮で包み、ほおの葉で巻いて蒸した自家製のお菓子です。各家庭で味も大きさも違い、空腹時のお腹を満たすのには絶好の食べ物でした。 現在は地元のお菓子屋さんを中心に木曽の季節商品として販売される物が主流で、自家製は少なくなりましたが、各家庭の味として姑さんからお嫁さんへと代々引き継がれております。 当駅工房「木曽駒旬彩工房」でも地域の味の文化を守ろうと、地元のお母さん方が中心で「ほお葉祭り」から製造を開始します。
■GWは花満開!!ただ今、桜も梅もコブシもツツジも咲き競っております!!
春の訪れが例年に無く遅かった木曽路。ようやく当駅周辺の桜も満開状態となりました!!背景の木曽駒ケ岳は3日ほど前に降った新雪で、山肌も隠れ再度の雪化粧状態です。現在、当駅から望む、桜と背景の木曽駒ケ岳は絶好の撮影ポイント。 中山道中間地点の石碑がある「ささりんどう館」南側の小公園には、連日多くの観光客の皆様がカメラやスマホでシャッターを押しております。 傍らの「義仲、巴御前、顔出し看板」で撮影するファミリーも増えてきました。駅周辺は梅、コブシ、ツツジも一斉に咲き競っております。GW後半には駅構内の名物「紅白咲き分け花桃」も開花が予想されております。 GWに木曽路へお越しの方は、ぜひお立ち寄り景色をご堪能ください!OLYMPUS DIGITAL CAMERA
■1月22日(日)10:30~「すんき汁振る舞い」開催します!<200食限定>
先週悪天候のため延期となりました「すんき汁無料サービス(振る舞い)」10:30~14:00<限定200食>が開催されます。   当日は道の駅駐車場の一角、「ふれあい情報交流館」前において、イベントスタッフが炊き出し用大鍋で調理・振る舞いを行います。 この催しは「すんきde元気フェア2017」の一環で、「木曽町商工会日義支部」主催、当駅及び「ふるさと体験館木曽福島」のタイアップにより実施するイベントです。   すんき汁は「からだに非常に良い」と注目されている、植物性乳酸菌を豊富に含む木曽の郷土食「すんき」がタップリ入った味噌汁です。 地元木曽では、冬場のごく一般的な味として、多くの家庭で毎朝のように食べられてるものです。乳酸菌が醸し出す独特のまろやかな酸味が最大の特徴です。酸味でカラダが芯から温まり、胃腸にも、アレルギー体質改善にも良い。といわれるその味をぜひお試しください。   *昨年の状況から↓ OLYMPUS DIGITAL CAMERAIMG_603411.すんき←道の駅で販売中!「木曽すんき」(250g)480円
■1月10日(火)~3月末 火曜定休を開始します。(ささりんどう館=売店・食堂及び旬彩工房) 
今年も1月10(火)から3月末までの冬期間、道の駅「ささりんどう館=売店・レストラン」及び農産加工施設「木曽駒旬彩工房」が火曜定休となります。 4月~12月は無休営業となりますので、しばらくの間お客様にはご迷惑をおかけしますがご承知ください。
権兵衛伝説のページへ おすすめ品木曽の名酒ページへ
道の駅日義木曽駒高原にお出かけの前に
周辺観光のご案内ページへ
ヤフー!お天気情報ページへ
南信州道路情報ページへ

道の駅 日義木曽駒高原 「ささりんどう館」/長野県木曽郡木曽町日義4730-3(国道19号線沿)
TEL:0264-23-3644 FAX:0264-23-3645  営業時間:8:30~17:30(冬期12/1から3/31 9:00~17:00)

Copyright(C) Michinoeki Hiryoshi Kisokomakogen.All Rights Reserved.  Supported by Studio BREATH
Page Top