HOME>木曽特産品のご案内>曲物(まげもの)

曲物(まげもの)

曲物(まげもの)

曲物(まげもの)イメージ画像

400余年伝わる曲物(まげもの)づくり。
木曽漆器のひとつである曲物は
暮らしに密着した私たちの生活道具です。
「良いものは長く引き継がれる」を実感できる、
日本古来の便利な道具のひとつです。

曲物(まげもの)イメージ画像2 曲物(まげもの)は木を曲げて縫い合わせた器もの。  曲物(まげもの)とは、薄い木の板を円形や楕円形に曲げて、合わせ目を「山桜の皮」で綴じて底をつけた器ものです。

使う材料は、御岳山ろくに育った木曽ヒノキと木曽サワラ、それに山桜の皮だけの天然素材。
木曽漆器の代表でもある、そばせいろや弁当箱も曲物であり、ここに漆が重ね塗りされています。

 曲物づくりの本場もまた、木曽漆器とおなじく旧木曽の楢川村で、木曽路・中山道の北の入り口に位置します。

400年以上の歴史を持つ、古来より木曽の人々の生活に溶け込んだ道具です。

軽くて丈夫で使いやすく、国産の天然素材を使用していることで、プラスチック製品が広く使われる現代でも人気をよんでいます。

曲物(まげもの)イメージ画像3 木曽ヒノキを使っています。やっぱり品質がいいのです。  木曽の曲物には、材料に木曽ヒノキが使われています。天然の木曽ヒノキは曲物づくりに最適です。

 昔から「家を建てるなら木曽のヒノキで」と伝わるほど、木曽産のヒノキは材質がいいと言われます。理由は、木曽ヒノキは堅くて弾力があり、木目が緻密であること。

 木曽の気候は夏でも冷涼で、昼夜の寒暖差が激しいため、ヒノキの成長をゆっくりと堅牢にしているのです。同じヒノキでも、暖かい地方で育つヒノキとは堅さと密度が違います。また、香りが良く光沢があり、虫を寄せ付けないから保存がきくことも良い条件として挙げられます。
伊勢神宮の社殿を20年ごとに新しく造営するとき、かならず木曽ヒノキを使います。

 ヒノキの薄板を曲げるときにも、薬品や塗料などの化学品は使いません。
熱湯に浸して柔らかくしたあと、器具を用いてゆっくり曲げます。
「良い素材を良い条件で仕上げる」。先人たちの教えを守り、安全で安心な製品づくりを心がけています。

曲物(まげもの)イメージ画像4 器の「フタ」と「底」は木曽サワラ、綴りは山桜の皮。  木曽サワラはヒノキよりも吸水性が高く、古来より寿司桶やおひつ(電気炊飯器のない時代、釜や土鍋で炊いたごはんを移しておく入れ物)の材料に使われました。

ご飯の蒸気をほどよく吸い取り、つゆをご飯に落とさないためです。木曽の曲物もフタと底の部分は、ヒノキでなく木曽サワラを使います。ヒノキよりも重量感があり、堅さがあるのも理由です。

 曲げたヒノキを綴るときには、山桜の皮を使います。桜の皮は見た目にも美しくて丈夫、また水分を含むと締まるのが特徴です。ナイロンやビニール、皮革製のヒモなどは、濡れると伸びてしまいます。桜の樹皮は湿気のこもる弁当箱などには最適なのです。

このように適材適所、素材の良いところを使って曲物は作られています。

曲物(まげもの)イメージ画像5 曲物ちょっと小咄(こばなし)。  曲物づくりは、山仕事をする人々が弁当箱のようなものを作ったことがはじまりと言われます。昔は木曽に暮らす人々の多くが山仕事に従事していました。

男たちは山仕事に出かけ、道具の鉈(なた)一丁でヒノキを切り、まだ水気の残るヒノキを曲げてまずご飯つぶで糊づけし、山桜の皮を細くこそいで綴じ上げたのだと言います。

 これが曲物の弁当箱のはじまり。

 もちろん言い伝えによるものですが、実に信憑性のある話です。
まだ大量生産できる既製品の弁当箱がない時代も、山仕事をする人々の昼ご飯は山の中。
食事を運ぶ容器を自分たちの手で作り上げたのでしょう。
先人たちは樹木の特性を熟知して、素材を選び作ったのだと思います。

 「おばあちゃんの知恵袋」ではないけれど、昔の人はいろいろな知恵を授けてくれます。
さらに新しい物や素材が増えて、暮らしを便利で豊かなものにしてくれます。
新しいものは生活するのに「便利」だから生まれます。
昔からあるものは「本当に良いものだから」今に存在し続けているのだと思います。
永く熟考されて、安心と安全を考えた400年続く曲物づくり。
本当に良い物だから、いまに引き継がれています。

木曽ショッピングサイト「木曽ショップ」のお知らせ

当駅の姉妹サイト「木曽ショップ」では、ここでご紹介した当駅のオリジナル商品や取扱い商品のほか、木曽の銘酒や木曽漆器などの木曽特産品や、百草丸・健康茶など御岳山にちなんだの商品などもご購入いただけます。木曽ショップでご購入いただくとポイントが付いて更にお得なお買物をお楽しみいただけます。

木曽ショップへ
木曽特産品のご案内ページナビゲーション
木曽の銘酒
木曽の味覚
木曽漆器
曲物(まげもの)
御岳山百草
道の駅日義木曽駒高原について
駐車スペースは普通車76台・大型車7台
身障者専用駐車スペース3台と専用スロープを完備
情報ボックスを設置
道の駅日義木曽駒高原の特徴ページへ
木曽特産品のご案内ページへ
施設案内マップページへ
ささりんどう館ページへ
お食事処「巴」ページへ
サイドナビ枠下
アクセス
広域マップ
詳細マップページへ
サイドナビ枠下
お知らせ
■「おうちでなっとう(納豆)」手作りキット販売開始!

新発売!「おうちでなっとう(納豆)」手作りキット。コロナ禍でご家庭で過ごす機会が多くなりました。家庭料理の機会も多くなっておりますが、手作りの味が楽しめる「納豆キット」が発売されました!!当駅でも販売開始しております。
納豆キット ≪ 定型紙(B5) ≫
御岳山の麓、開田高原の寒暖差の大きい気候で育てられた大豆「シバキリ」(納豆への使用は珍しい品種)と南信州で大相撲の土俵を手がける業者のわら製品「藁っと」がコラボ。ご家庭で楽しめる「納豆手作りキット(木曽おんたけ納豆)」が完成しました。お土産にも最適です、ぜひお試しください。    【価格1100円】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

■GW営業の味わい横丁(屋外テイクアウト)4/29~5/5

OLYMPUS DIGITAL CAMERA当駅の玄関南側の屋外販売所「味わい横丁」(土日祝の限定営業)は、4月29日からGW期間営業を開始しております。(~5月5日まで連続営業)営業時間は9:00~16:00です。
販売品目はブルーベリーソフトクリーム、木曽牛たこ焼、木曽牛コロッケ、木曽牛メンチカツ、五平餅、おやき、山賊焼き風カラ揚げ等のテイクアウト商品です。価格もワンコイン程度の設定が中心です。
GWに木曽路へお出かけの節は、ぜひ味わい横丁の「木曽牛たこ焼」「木曽牛コロッケ」他オンリーワン商品をどうぞご賞味ください。
そうそう、GWは館内売店でも、大好評の当駅工房製オンリーワン商品「木曽牛メンチカツバーガー」や「特製おにぎり各種」を販売中!5日まで、バーガーは毎日20個限定で販売しております。(バーガーは土日祝限定販売品、平日は2日前までの予約製です)こちらもお薦めです。
画像は味わい横町の「木曽牛たこ焼(A4A5牛肉使用)」と館内売店販売の「木曽牛メンチカツバーガー」(店内のセルフ電子レンジで温められます。)

味わい横丁 木曽牛たこ焼きPOP2jpg_OLYMPUS DIGITAL CAMERA

■GWスタート!木曽の山菜シーズンも!

先週から徐々に種類が増えてきた地元産山菜。本日の直売コーナーには「行者にんにく」「コゴミ」「タラの芽」が並んでおります。出荷者により価格設定は多少違いますが、たらの芽は100g当たり400~500円、コゴミは200円~250円程度でパック詰めされております。人気のコシアブラは地元日義は標高800m以上のため、まだ出荷が少なく並ぶと直ぐ売り切れる状態で、これからが最盛期となります。OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA(ワラビ、トウブキ、ヤマブキは例年5月中旬ですが、今年は10日程度季節の進みが早いのでGW中には並び始めそうです。)

 

■3月末をもって「火曜定休」終了しました。4月6日(火)は営業日です。

当道の駅の3月末までの冬期火曜定休は終了いたしました。4月から11月は、臨時休業を除き、食堂、売店ともに定休日なしで連日営業いたします。
昨年のGW(ゴールデンウィーク)は新型コロナ感染症、警戒宣言により全館休業としましたが、今年のGWは営業予定です。(コロナ感染症の拡大状況によります。)

木曽はこれから、桜、桃、山吹、ツツジ等々、「咲き競う花と山菜」のシーズンを迎えます。
木曽へお出かけの節は、ぜひ当駅へお立ち寄りください。

■2021年新春初売りのお知らせ(1月3日)

当駅では、2021年新春初売りを1月3日(日)9:00より開始いたします。

1,000円以上お買い上げのお客様には、粗品をプレゼントいたします(先着100名様限定)。

例年実施しているスピードくじ・すんき汁振る舞い等は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため自粛とさせていただきます。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

■年末年始営業時間のお知らせ

いつも当駅をご利用いただきありがとうございます。2020年も残すところあとわずかとなりました。今年も多くのお客様にご来店いただけたことに感謝しております。

当駅では、年末年始の営業時間を下記の通りとさせていただきますのでお知らせいたします。

年末年始営業時間

日頃、当駅をご利用いただいているお客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

■食事処巴冬季メニュー開始のお知らせ(2020/11/27~)

お食事処「巴(ともえ)」では、2020年11月27日(金)より冬季メニューを開始いたしました。

【冬季限定メニュー】

  • とろろそば(温) ¥800
  • すんきそば ¥800
  • 味噌ラーメン ¥750

なお、以下の夏季限定メニューは終了となります。ご了承ください。

【夏季限定メニュー】

  • 天ざる ¥1,300
  • 冷やしぶっかけそば ¥800
  • 冷やし中華 ¥850
  • ソフトクリーム(バニラ/ブルーベリー/ミックス) 各¥320

最新のメニュー一覧はこちらをご参照くださいますようお願いいたします。

メニュー一覧_202011

■当駅名物「権兵衛すんきそば」はじめました!(オリジナル商品もございます。)

権兵衛そばポップ ≪ 定型紙(A4) ≫すんきそば2●権兵衛そばの1袋(2人前)OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木曽の冬限定の味「すんき」の季節。本日から当駅お食事処「巴」の人気メニュー「すんきそば」800円始めました。自家製粉の木曽産石挽そば粉を9割使用。毎日併設する「木曽駒旬彩工房」から打ち立てを供給しております。ちょっと酸っぱい!冬限定の木曽の伝統食「すんき(乳酸発酵食品)」の入ったそば。これも工房製「*GIすんき」を載せて味わう、純木曽産のこだわりの味です!木曽の冬の味を味わえば、心もからだもホッと温まります!「権兵衛すんきそば」をぜひ一度ご賞味ください。 当駅限定販売のオリジナル商品、要冷生「権兵衛そば」(2食280g520円)」と「GIすんき(250g540円)」をお買い求めいただければ、ご家庭でも「すんきそば」が味わえます!お土産としてもお薦めです! 【*GI:農水省地理的表示保護制度 登録産品】

■当駅は11月7日(土)から冬季営業時間となります

11月7日(土)より、当駅は冬季営業時間となります。土日祝日も平日と同じ9:00-17:00の営業となります。

当駅ご利用のお客様にはご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

※お手洗いおよび情報交流館は、従来どおり24時間ご利用いただけます。

冬季営業時間

■当駅は11月10日(火)から火曜定休を開始します。

昨年同様、当駅は11月3日(祝)以降の火曜日(今年は10日)から定休日を設定します。(来春3月末までの予定)

年内の定休日(火曜)*予定
11月【11/10,11/17,11/24】12月【12/1,12/8,12/15,12/22,12/29】

お客様には、ご不便をお掛けしますがご了承ください。

※お手洗いおよび情報交流館は、従来どおり24時間ご利用いただけます。

火曜定休開始のお知らせ

 

 

 

権兵衛伝説のページへ おすすめ品木曽の名酒ページへ
道の駅日義木曽駒高原にお出かけの前に
周辺観光のご案内ページへ
ヤフー!お天気情報ページへ
南信州道路情報ページへ

道の駅 日義木曽駒高原 「ささりんどう館」/長野県木曽郡木曽町日義4730-3(国道19号線沿)
TEL:0264-23-3644 FAX:0264-23-3645  営業時間:8:30~17:30(冬期12/1から3/31 9:00~17:00)

Copyright(C) Michinoeki Hiryoshi Kisokomakogen.All Rights Reserved.  Supported by Studio BREATH
Page Top