木曽漆器

木曽の味覚

木曽漆器イメージ画像

暮らしの中にしっとりと、
けれど優雅に輝く木曽の漆器。
400年以上を経た匠の技で作る天然素材の
手作り工芸品は、生活に彩りを与えてくれます。

木曽漆器イメージ画像2 木曽漆器の歴史は、永く深く400有余年。  木曽漆器の本場である旧木曽・楢川村(現在は塩尻市と合併)は、中山道の北端、木曽路の入り口にあります。標高およそ900メートル、夏は涼しく冬は厳寒の気候は、漆を塗る環境にとても適していました。周辺の山々から採れる品質の良い木々、尾張藩につづく中山道という交通網もまた、400年という歴史ある伝統工芸品をつくる好材料となりました。

 江戸時代には質感も高級な調度品などが、尾張藩の武家屋敷へと運ばれました。明治年間以降は、座卓や小箪笥などのほか、お盆や器ものなど日常に使用する生活用具が広く一般に知られるようになりました。

木曽漆器イメージ画像3 木曽漆器は毎日の暮らしになじむ、上質でカジュアルな生活道具。  漆の食器はこう見えて、とても軽いのに堅くて丈夫、落としても簡単に割れません。漆の持つ殺菌効果が食器を衛生的に保っています。古くは「漆塗りのもの」というと、扱いづらい日常に馴染まないというイメージがあったようですが、現代は上質にしてカジュアルな生活道具であると言えます。

 木曽漆器は伝統的工芸品です。「伝統的工芸品」とは、私たちが日常使用する生活用具のなかで100年以上受け継がれてきた技法によって作られる、天然素材の手作り工芸品のこと。
自然のものをありがたく使用した、毎日の生活にしっくりと寄り添う道具です。
西洋風、欧米化の生活が定着した昨今、ふとしたシーンに日本の伝統的工芸品がある美しさを。和の美を所作に取り入れてみたいですね。

木曽漆器イメージ画像4 さまざまな道具や物に漆芸技術  木曽漆器はもともと、木曽の山林で採れるヒノキやネズコ、サワラなどの良材を形づくり漆をほどこしたものです。良材に漆を重ねた、見た目や品質の良さが自慢です。

歴史ある漆塗りの技法は、職人が子孫へと継承して今日に至ります。現代の若い継承者たちは先人の技法にとどまらない、新しい分野への挑戦も試みているようです。

 たとえば、1998年に開催された「長野冬季オリンピック」。
メダルには伝統工芸の漆が使われていました。オリーブをあしらったリング状の外枠のなかの「朝日」と片面の「エンブレム」、信州の山々の「朝焼け」が漆芸技法の“蒔絵”によって表現されています。これらはすべて木曽の漆職人達の手によって、ひとつひとつ手作りされました。

 ほかにも「私物に漆をほどこして」という依頼があります。コンピュータをお仕事に使われる方は、ブックタイプのコンピュータを漆塗りに。新しく購入したゲーム機に。高級で、遊び心いっぱいの道具になりそうですね。

木曽漆器イメージ画像5 暮らしの中にひとつ、漆器がある。  木曽漆器の代表道具である、飯椀や汁椀、スプーンにフォーク、コーヒーカップ、弁当箱。
これらをすべて、いまお使いのものから木曽漆器へと変えなくてもいいなと思います。

陶器や土もの、プラスチック、いろんな素材の食器があって、いろんな料理が映えるのかなと思います。

 なにかひとつ、暮らしの中にお気に入りの木曽漆器が見つかるといいですね。

たとえばお父さんのお弁当箱はどうでしょうか。
毎日毎日、家族のために頑張るお父さんへの贈り物として。汁のシミが残るプラスチックの弁当箱も、漆器であれば気になりません。

殺菌効果もあります。
ほかにも、たとえば夫婦だけの汁椀。
お客様のコーヒーカップなど。

 ひとつ手にとって味わって、それでもっと好きになっていただけたらうれしく思います。
商品のなかに木曽漆器の一覧を用意しました。お時間あればぜひ、覗いてみてください。

木曽ショッピングサイト「木曽ショップ」のお知らせ

当駅の姉妹サイト「木曽ショップ」では、ここでご紹介した当駅のオリジナル商品や取扱い商品のほか、木曽の銘酒や木曽漆器などの木曽特産品や、百草丸・健康茶など御岳山にちなんだの商品などもご購入いただけます。木曽ショップでご購入いただくとポイントが付いて更にお得なお買物をお楽しみいただけます。

木曽ショップへ
木曽特産品のご案内ページナビゲーション
木曽の銘酒
木曽の味覚
木曽漆器
曲物(まげもの)
御岳山百草
道の駅日義木曽駒高原について
駐車スペースは普通車76台・大型車7台
身障者専用駐車スペース3台と専用スロープを完備
情報ボックスを設置
道の駅日義木曽駒高原の特徴ページへ
木曽特産品のご案内ページへ
施設案内マップページへ
ささりんどう館ページへ
お食事処「巴」ページへ
サイドナビ枠下
アクセス
広域マップ
詳細マップページへ
サイドナビ枠下
お知らせ
■お奨め!松茸シーズン限定の新メニュー「木曽産 焼き松茸」始めました!!

シーズン限定新メニュー「木曽産焼き松茸 」今年は「木曽産松茸」が豊作!木曽産松茸の主産地で知られる「木曽町日義」の当駅には連日、リーズナブルな価格の松茸をお買い求めになるお客様が訪れております。当駅には以前から予約制の「まつたけ御膳」メニューがありますが、多くのお客様からの「御膳は仰々しいし、予約制は不便。松茸はいっぱい並んでいるから、当日でも直ぐ注文して食べられるメニューがほしい。」との声にお応えして、シーズン限定の新単品メニュー「木曽産、焼き松茸1700円」を開始しました。(ご自分で、そばメニューほかとの組合せや、売場には毎日販売中の「松茸弁当、松茸おにぎり」もございますので、ご購入しセットでも楽しめます。(*松茸御膳は休止とさせていただいております。*本メニューは地元産松茸シーズン終了時までの短期メニューです。)

■木曽牛を食べようキャンペーン新メニュー「銘撰木曽牛定食(陶板焼き)」開始!松茸シーズン限定「焼き松茸」もはじめました!

木曽牛を食べようキャンペーン    新 銘木曽牛(陶板焼)定食「木曽牛を食べようキャンペーン(9月29日~10月29日)主催:木曽優良子牛生産パワーアップ協議会」に当駅も参加しております。当駅のお食事処「巴」では新メニュー「銘撰木曽牛(陶板焼)定食1950円」を開始しております。(銘撰とは幻とも言われる木曽牛の中でも最上級クラスのA4、A5級の牛肉です。)メニューはA,Bの2タイプ「A=肩肉(柔らか好みの方向き)」「B=もも肉(食べ応え好みの方向き)」、自家製ソースも夫々に工夫を凝らしました。多くの皆様に味って頂きたいメニューです!「木曽で味わう木曽牛」をぜひ!

 

 

 

 

■明日のお得情報!松茸ー!マツタケー!売場はマツタケに占拠されました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地元産松茸シーズンがいよいよ本格化!本日は地元「日義産」を主とした木曽町産の松茸が館内売場を占拠しました。午前中まで降り続いた雨の影響で、普段は山のように並ぶ雑きのこの「コムソウ(ボウズ、ショウゲンジ)」、「アミタケ」や希少価値の「ホンシメジ」「コウタケ」「クロカワ」等は全く入荷がなく、(降雨時に採った雑きのこは傷みやすいため、山きのこを採る方が出荷を控えるため。) 午後からは天気も回復、木曽地方は明日も晴天の予報。明日の日曜日は、味も香りも十分となってきた「木曽産松茸」はもちろん、真っ盛りとなってきた:雑きのこも入荷が期待されます。当駅直売の松茸のお値段は大変お値打ちとなっており、先週の日曜日はリピーターの皆さんが開店前から並んでいました。お値段は卸し市場価格と同額かそれ以下。(一般小売価格の半額以下のようです。) 明日、木曽へお越しの方は木曽産松茸の主産地「木曽町日義」の当駅へ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

■7月1日、食事処「巴」のお得な「ととくとく振興券特別メニュー1,300円」開始します!

7月1日から「木曽町とくとく振興券」が当駅でも売店レジにて発売開始となります。(買ったその場で使用可能な額面1,300円券が1,000円で購入できます。)
当駅券(当駅限定使用券:使用期限12月31日)はささりんどう館売店の商品購入及び、食事処「巴」の「とくとく振興券特別サービスメニュー1,300円」(*木曽牛カレー&権兵衛そばセット)に使用できます。ダブルでお得な特別メニューを振興券でぜひご賞味ください。!!(振興券は販売数が限定されております。売り切れゴメン!)画像はPDFで とくとくメニュー ≪ 定型紙(B5) ≫

 

 

■お得な「木曽町とくとく振興券」7月1日発売開始します。枚数限定につき売り切れゴメン!

PDFとくとく今年も「木曽町とくとく振興券(木曽町商工会)」が7月1日発売開始されます!当駅でも売店レジにて販売、売店商品の購入とレストランの「とくとく振興券限定メニュー」で取扱いを開始します。 この券は木曽町の商工業振興のため木曽町と木曽町商工会が企画実施するもので、会員事業者(取扱登録店)を通じて販売する振興券です。額面1,300円の券ですが、1枚1,000円で購入することができ、その場で即使用も可能なお得な券です。当駅も7月1日から来店した方へ(一人10枚限度)販売と取扱いを開始します。      < 注)この券は購入した取扱い店以外では使用不可となっております。> 使用期限12月31日                    詳細PDF≪ 定型紙(B5) ≫とくとく                                

 

 

■新発売!オンリーワン「FDすんき汁」!当駅工房オリジナル商品発売開始 
4月1日から当駅工房開発のオリーワン、オリジナル商品「FD(フリーズドライ)すんき汁」を発売開始しました! 当駅の農産加工場「木曽駒旬彩工房」製造の「*GIすんき」を原料に、信州味噌を加えて完成させたオンリーワン商品です。冬期限定の木曽の味、各家庭で毎日食されている「すんき汁(すんき入り味噌汁)」が季節を問わず、160CCのお湯を注ぐだけで、ちょっと酸っぱい美味しい味噌汁がお手軽に味わえます。 (「すんき」は植物性乳酸菌を豊富に含むカラダにとてもよい、木曽伝統の食品として、今、最も注目されている食品のひとつです。(*「すんき」は昨年5月、農林水産省GI「地理的表示保護制度」産品に登録されました。)FDすんき汁ポップFDすんき汁ポップ  すんき汁説明 只今、発売記念価格(1個160円)にて当駅売店で発売中!!ぜひご賞味ください。
■冬期の火曜定休終了しました。本日、4月1日~12月31日まで無休営業となります。  多数のお越しをお待ち申しております。
厳しい木曽の冬も終わりを告げ、四方を山に囲まれた木曽にも遅い春がやって来ました。売り場にはフキノトウに福寿草、行者ニンニクの鉢植えが並んでおります。山菜シーズンはまだまだこれからです。このところ暖かい日は続いておりますが、標高820m.駅周辺の梅も桜も桃もまだまだ咲く気配はありません。 今日から4月。冬期限定(1月~3月)で実施しておりました火曜定休が終了。年内無休営業を開始しました。 ○4月1日~12月31日までは年内無休で営業いたします。当駅をぜひご利用ください。 ○営業時間 4月1日~4月13日(金)売店 午前9:00~17:00 レストラン巴 10:00~15:30      4月14日~11月30日(通常営業)売店 午前8:30~17:30 レストラン巴  9:30~16:00  
■お知らせ 1月31日(水)は振替休業となります。前日30日(火)は振替営業。
1月31日(水)は運営会社の決算棚卸しにつき臨時休業となります。 このため、前日30日(火)は冬期の火曜定休日ですが、振替営業とさせていただきます。 よろしくお願いいたします。   道の駅 駅長
■新春 招福だるま&「御嶽海関だるま」限定販売中!!
ささりんどう館売店では、新年から恒例の「招福・開運だるま特価販売」を開催しております。 開運だるま(赤)は9cm(350円)~28cm(3500円)です。併せて今年は木曽出身の大相撲関脇、御嶽海関の「御嶽海だるま(白)」も限定販売中!大(24cm3500円)は残り僅か2個、小(9cm)も在庫が少なくなっております。 お立ち寄りの際は売店をぜひご覧ください。 OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
■1月9日(火)~冬期火曜定休を開始!【但し、1月30日は営業、翌31日振替休業】
明日1月9日(火)から、例年同様に冬期間(1~3月のみ)の火曜定休が始まります。 お客様にはご不便をお掛けしますがご了承ください。 なお、決算棚卸しのため、1月30日(火)は営業。翌31日(水)が振替え休業となりますので、よろしくお願いします。
権兵衛伝説のページへ おすすめ品木曽の名酒ページへ
道の駅日義木曽駒高原にお出かけの前に
周辺観光のご案内ページへ
ヤフー!お天気情報ページへ
南信州道路情報ページへ

道の駅 日義木曽駒高原 「ささりんどう館」/長野県木曽郡木曽町日義4730-3(国道19号線沿)
TEL:0264-23-3644 FAX:0264-23-3645  営業時間:8:30~17:30(冬期12/1から3/31 9:00~17:00)

Copyright(C) Michinoeki Hiryoshi Kisokomakogen.All Rights Reserved.  Supported by Studio BREATH
Page Top